豆知識

男系天皇と女系天皇の違い「今上天皇は何代目?」

2月23日初の天長祭(天皇誕生日)が執り行われました。

''てんちょうさい''と言っても店長の誕生日ではありません。

 

今年の天長祭はコロナウィルスの影響で一般参賀が無しになってしまったみたいで残念ですね。

私、実は今日から海外旅行です。この投稿の数時間後には飛行機に乗っているはずです。コロナウィルス怖いです。

スポンサーリンク

今上天皇は何代目か?

答えは126代目です。

126代目ってすごくないですか?

ナルトだってまだ7代目火影ですから(ブログ主はナルトを観たことがありません)

 

126代血が途絶えていないというのはとてもすごいことですよね。

これが世界最古の国家と言われる所以です。

 

いやでも、江戸から明治への転換や天皇主権から国民主権への転換はどう説明するんだ!!

江戸から明治への転換

将軍は朝廷が選んだ官職です。

徳川将軍家が260年もの間、政権を維持していましたがこれは朝廷が幕府に政権を委任していたということで、大政奉還によって政権を朝廷に返したということです。

 

天皇主権から国民主権への転換

戦前は1889年に制定された大日本帝国憲法、戦後は日本国憲法ということを覚えている方は多いと思います。

現行の日本国憲法は大日本帝国憲法から改正を経て制定されたのです。

したがって、大日本帝国憲法と日本国憲法の間に法的連続性は認められるため、国家自体が変わったわけではないのです。

 

スポンサーリンク

 

初代天皇は誰?

初代天皇は神武天皇です。

神武天皇は天孫邇邇芸命の子孫とされています。

ということは今上天皇は邇邇芸命の子孫といえるのです。

 

男系天皇と女系天皇

説明をする前にまず理解しておいて欲しいことがあります。

 

それは、男系天皇と男性天皇、女系天皇と女性天皇は違う概念であるということです。

男系天皇の男性天皇がいれば、男系天皇の女性天皇もいます。ということは、女系天皇の男性天皇も女系天皇の女性天皇もいます。

 

男性しか天皇になれない理由

現在は女性が天皇になれないのには明確な理由があります。

それは大日本帝国憲法と共に制定された「旧皇室典範」の規定です。

大日本帝国皇位ハ祖宗ノ皇統ニシテ男系ノ男子之ヲ継承ス

 

このように規定して、天皇になることができるのは男系の男子に限ったのです。

これは過去に例外なく男系の男子が皇位を継承してきたという事実を踏まえて規定されたのです。

 

現在、日本国憲法とともに制定された皇室典範ではこの規定を踏襲しています。


さて、ここから男系天皇についての説明の本論に入ります。

男系天皇とはなんなのか、天皇となる資格を持つ者のルールを簡潔に説明すると

 

民間の女性との子どもは天皇になれるが

民間の男性との子どもは天皇になれないです。

 

 

ちなみに愛子様のお父さんは現天皇,お母さんは民間人ですので、愛子様が天皇になれないのは男系女系の問題とは別の問題で、

先ほど説明したように現在の皇室典範では女性天皇を認めないされているからです

ただ、これまでの歴史上で女性天皇は8人存在します(推古天皇,持統天皇など)

しかし、女性天皇と庶民との子は女系となり天皇になれないため、他の候補が成長するまでの時間稼ぎでしかありませんでした。

 

皇室典範が改正されれば愛子様は天皇になることができますし、この改正もそれほど難しいことではないと考えています。

話を戻します。

 

民間女性と皇族男性の子は天皇になれる

皇族女性と民間男性の子は天皇になれない

 

このルールにのっとると

愛子様の子は天皇になれませんね。

 

スポンサーリンク

 

では天皇の後継者問題を解決する方法は?

現在議論されている解決策の1つとして、旧宮家を皇室に戻すというものがあります。

 

天皇の父を辿れば初代神武天皇につながるということですので、皇統にさえ属していれば正統であると言えます。

なぜなら、天皇の子が必ず天皇にならなければならないという直系主義ではなく、

兄弟やいとこなどの親戚であっても継承を認めるという傍系主義をとっているからです。

 

ただし、これには問題点があります。

それは、旧宮家を国民が皇族として認めるか ということです。

旧宮家は戦後、GHQの指令により従来の規模の皇室を維持できなくなったことから皇室離脱が行われ民間人として生活するようになりました。それから、80年近く経った現在、その旧宮家を皇室として認めることができるのか 疑問が残ります。

 

なぜこのようなルールが存在するのか。

理由1つ目 そういう伝統だから。

 

 

そして2つ目の理由について会社経営者の例を用いて説明します。

 

例 社長Aがそろそろ引退を考え、社長の座を譲ろうと考えています。

 

(1)社長Aの子どもが息子だった場合

まずAは息子に社長の座を譲りますよね。

 

次に息子が女Bの結婚して子どもが生まれたとします。(天皇家に当てはまると、男系天皇が生まれた状況です)

 

(2)社長Aの子どもが娘だった場合

まずAは娘に社長の座を譲りますよね。

次に娘が男Cと結婚して子どもが生まれたとします。(天皇家に当てはまると、女系天皇が生まれた状況です)


 

(2)の場合、今日で生まれた子(社長Aの孫)は外孫です。

家系としては男Cの家系となり、天皇家に当てはめると、これまでとは原理の違う天皇が成立することになり、天皇家が乗っ取られたような形になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

男系天皇は女性ではなく男性を締め出す制度

これはよく言われている文言で、ここまでにも説明しましたが、もう一度言わせてもらうと

男性は民間から選ばれないが女性は選ばれます。

ということは、これはむしろ女性ではなく男性を差別しているといえるかもしれません。

 

私見

私は女性天皇には賛成です。

歴史的に見ても、これについては反対する理由がないです。

 

 

しかし、女系天皇には反対です。

極端な話をすれば、私たちにも天皇と同じ血が流れています。

祖先を辿れば、全員が同じ人類に行き着きますし、またかつては近親婚が行われていたとしても天皇が民間人との間に子をつくることはありました。

 

このことから私たちにもすごく細くではありますが、天皇家と同じ血が流れていてもおかしくないと言えます。

 

では、天皇が天皇である所以はなにか。

それは父親を辿れば初代天皇まで遡れるというところにあります。

もし、女系天皇をまとめてしまえば世代を重ねるごとに天皇の血が薄まっていってしまい、天皇が天皇である所以が失われると考えます。

関連記事

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.