神社

高千穂神社 ご利益・ご祭神・駐車場は?周辺の観光地・門前町や由緒・見どころも

御祭神

高千穂皇神(たかちほすめがみ) 瓊瓊杵尊と木花開耶姫命、彦火火出見尊と豊玉姫命、彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊と玉依姫命の総称
十社大明神(じっしゃだいみょうじん) 初代神武天皇の兄である三毛入野命とその配偶神9柱

 

詳しく知りたい場合は以下のボタンから「”超”現代語訳 古事記」に進むことをお勧めします。

”超”現代語訳 古事記

 

ご利益

縁結び(高千穂皇神と呼ばれる三柱の夫婦神と十社大明神から)

夫婦円満(高千穂皇神と呼ばれる三柱の夫婦神と十社大明神からや拝殿前の夫婦杉から)

 

 

ご由緒

天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊らが降り立った高千穂の地に、初代神武天皇の兄である三毛入野命みけぬのみことが高千穂皇神を祀り始め、その後 三毛入野命の子孫が三毛入野命とその配偶神を合祀したことに始まる。

第11代垂仁天皇により社殿を創建され、鎌倉時代には源頼朝が鉄造の狛犬を奉納したとされており、他に北条氏、近世には延岡藩藩主有馬氏などから崇敬を受けた。

 

スポンサーリンク

PC

 

見どころ

神楽殿で毎晩20時から21時まで天の岩戸の前で、天鈿女命あめのうずめのみことが舞ったのが始まりと伝えられ国の重要無形民俗文化財に指定されている「高千穂の夜神楽」を見ることができる。(拝観料1000円)

 

本殿は流造の建築様式から成る九州南部の代表的な大規模社殿とされ、東側には鬼八(荒ぶる神)を退治する三毛入野命の彫刻が施されている。

 

拝殿前には1つの根元から二又に分かれる「夫婦杉」があり、夫婦円満・家内安全・子孫繁栄のご利益があるとされ、本殿裏には垂仁天皇による社殿創建の際に用いられたとされる「鎮石」がある。

 

 

門前町・駐車場の有無

門前町 無

 

駐車場 有

無料駐車場があります

 

周辺の観光地

高千穂峡

天岩戸神社

高天の原遙拝所

くしふる神社

荒立神社

菊宮神社

 

 

 

アクセス

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井13
TEL:0982-73-1212

 

様々な方法から簡単に行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」はこちら

地域から!ご祭神から!ご利益から!行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」

スポンサーリンク

PC

いくつかの質問に答えてあなたにピッタリの神社をオススメする「神社チェッカー」はこちら

あなたにピッタリの神社をオススメ!!! 「神社チェッカー」

PC

ブログ村

-神社

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.