神社

松尾大社 ご利益・門前町・駐車場は?周辺の観光地や由緒・見どころも

御祭神

大山咋神(おおやまぐいのかみ) 須佐之男神の子である大年神の御子。
市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと) 須佐之男命と天照大御神の誓約によって生まれた神で、宗像三女神のうちの1柱

 

詳しく知りたい場合は以下のボタンから「”超”現代語訳 古事記」に進むことをお勧めします。

”超”現代語訳 古事記

 

ご利益

厄除け(都の守神とされてきたことから)

開拓・水難除去(秦氏は農耕地の開拓や堤防を作ったことから)

 

ご由緒

神社の創建前から松尾山の頂にある磐座で大山咋神が祀られていた。

5世紀になり渡来人である秦氏がこの地方に来住し、秦氏が大山咋神を続けて祀ったとされている。

701年には秦忌寸都理(はたのいみきとり)が社殿を造営し、その後は朝廷の他武家からも篤い崇敬を受けた

 

スポンサーリンク

PC

見どころ

松尾大社では、大神様が開拓のため保津川を遡る際、急流は鯉、緩やかな流れは亀の背に乗って進んだと伝えられ、亀と鯉は神のお使いとして崇められており、幸運の撫で亀幸運の双鯉がある。

1397年に再建され、1542年に大改修を経た本殿は松尾造(両流造)という独特の建築様式から成る。

平安時代初期のものとされる神像を所蔵する神像館がある。

秦氏の名前には「酒」と言う文字が入ることが多かったことから酒とは関係が深く、酒造りの工程を学べるお酒の資料館や、また庭園では抹茶と共に酒まんがいただける。

 

門前町・駐車場の有無

門前町

周辺は住宅街だが少し歩けば多くの神社仏閣や観光地がある

 

駐車場 有

無料駐車場あり

 

周辺の観光地

嵐山

梅宮大社

月読神社(摂社)

櫟谷宗像神社(摂社)

桂離宮

 

拝観時間・拝観料

拝観時間

平日・土曜 午前9時~午後4時
日曜・祝日 午前9時~午後4時30分

 

拝観料
大人 500円
学生 400円
子供 300円

 

アクセス

京都府京都市西京区嵐山宮町3

TEL:075-871-5016

様々な方法から簡単に行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」はこちら

地域から!ご祭神から!ご利益から!行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」

スポンサーリンク

PC

いくつかの質問に答えてあなたにピッタリの神社をオススメする「神社チェッカー」はこちら

あなたにピッタリの神社をオススメ!!! 「神社チェッカー」

PC

ブログ村

-神社

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.