神社

稲毛神社 ご利益・門前町・駐車場は?周辺の観光地や由緒・見どころも

御祭神

武甕槌神 (たけみかつちのかみ) 国譲りの交渉を行うため高天の原から降った神
配神
経津主神(ふつぬしのかみ) 武甕槌神とともに国譲りの交渉を行うため高天の原から降った神
菊理媛神(くくりひめのかみ) 黄泉津比良坂にて伊弉諾神と伊弉冉神の口論を治めた神。
伊弉諾神(いざなぎのかみ) 伊弉冉神と共に国生み、神生みを行った神
伊弉冉神(いざなみのかみ) 伊弉諾神と共に国生み、神生みを行った神

 

詳しく知りたい場合は以下のボタンから「”超”現代語訳 古事記」に進むことをお勧めします。

”超”現代語訳 古事記

 

ご利益

勝運上昇(御祭神である武甕槌神と経津主神は武神であり、国譲りの交渉を成功させたことから)

縁結び(御祭神の菊理媛神が伊弉諾尊と伊弉冉尊の口論を仲裁したことから)

夫婦円満(御祭神の菊理媛神が伊弉諾尊と伊弉冉尊の口論を仲裁したことから)

 

ご由緒

東国に争乱の絶えなかった頃、武甕槌神をまつり天皇軍の戦勝を祈るために創建されたと伝えられている、第12代崇神天皇や第29代欽明天皇から崇敬を受け、欽明天皇は経津主神、菊理媛神、伊弉諾神、伊弉冉神を合祀したとされている。

平安時代末期にこの地を領有した河崎冠者基家(秩父平氏)が山王権現を勧請して以後「河崎山王社」「堀之内山王権現」「五社山王」「三社宮」などと呼ばれた。

スポンサーリンク

PC

 

見どころ

8月2日には川崎山王まつりが行われ、玉神輿には女神,孔雀神輿には男神の御神体を遷し、神輿巡幸が行われる。

境内のイチョウの木は樹齢千年を超えており、安藤広重の『武相名所旅絵日記』などに記されている。

社殿の前には「天地睨みの狛犬」という珍しい狛犬があり、上半身についてお願いごとのある場合は右の狛犬を、下半身についてお願いごとのある場合は左の狛犬を撫でるとご利益があるとされている。

 

門前町・駐車場の有無

門前町 無

 

駐車場 有

無料駐車場あり

 

周辺の観光地

東森稲荷神社

川崎稲荷社

 

アクセス

神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7

TEL:044-222-4554

 

様々な方法から簡単に行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」はこちら

地域から!ご祭神から!ご利益から!行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」

スポンサーリンク

PC

いくつかの質問に答えてあなたにピッタリの神社をオススメする「神社チェッカー」はこちら

あなたにピッタリの神社をオススメ!!! 「神社チェッカー」

PC

ブログ村

-神社

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.