豆知識

【神主が教える】神社での身分について「宮司さんと神職さんの違い」

よく神社で奉仕していると「宮司さんですか?」と声をかけていただくことが多いです。

宮司というのはその神社に一人しか置かれない最高責任者であるので、多くの方は「私は神主/神職です」と答えたり「権禰宜です」「禰宜です」などと神社での身分を答えると思います。

このようなエピソードから参拝者の多くは宮司という言葉と神主という言葉の意味を混同していると考えます。

今回は神社での職階についてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

神職とは主に神社で神様への奉仕を行う者をいう

神職の役割を説明することになった時、おそらく全国の半数以上の神社関係者が「神職は神様と人々のなかとりもち」と説明するだろうと思います。

これは皇學館大学の学長を務めた皇学研究の権威である谷省吾氏の記した「神職の立場」という本でも紹介されている言葉で、多くの神職がこの本を用いて神職の心構えを学んでいるはずです。

 

詳しい話は次回以降にしますが、神職とは神職資格を取得し、神様に奉仕する職業であると認識していただいて差し支えございません。

神社の宮司とは 「宮司・権宮司・禰宜・権禰宜の違い」

冒頭で宮司とはそのお社の最高責任者であるということをお話しました。簡単に説明するのであればその説明で十分かもしれませんが、せっかくですから今回は深堀して宮司以外の神社で勤める者の役職・身分についても補足してお話していきます。

 

神社は神道という古来から続く習慣・習俗の実践場所であると同時に、法的には宗教法人という立場を与えられています。

二つの側面から見れば、神道の実践場所としてのトップと法人のトップすなわち代表役員という立場の者が必要です。この二つの役割を担う存在を神社では宮司と呼びます。

宮司はお祭りの際にはそのお社の最高責任者として祭典に奉仕し、日常もお社で神様に適当な奉仕を行うことができるように職務にあたっています。

 

さて、宮司という存在について説明したところで他にはどのような職階・身分があるのか疑問を持つところでしょう。

以下に神社の主な職階・身分についてまとめましたのでご覧ください。

  • 宮司 一名
  • (権宮司) 一名
  • 禰宜 一名
  • 権禰宜 複数名
  • 出仕 複数名

ここまで何度も説明しているように宮司とは神社の最高責任者です。

 

続いて権宮司について、これは明治神宮や熱田神宮など大きい神社にしか置かれない職階で宮司を助ける立場です。

伊勢神宮にはその特別な由緒から祭主という皇族の方が就かれる立場がありますが、その下には大宮司・小宮司が置かれている点は他のお社とは異なります。

 

禰宜は宮司を補佐する立場で、一般の神社ではナンバー2にあたります。

大社ではなく、家族で代々守ってきているようなお社では宮司と禰宜を置くというパターンが多いです。

 

権禰宜は一般の会社でいうところの平社員です。

禰宜という言葉が付いていることで神社の中でも重要なポジションを担う限られた者のみが任命される特別な立場であると思われがちですが、神社に神職として勤めている人々のほとんどが権禰宜という立場にあります。

 

出仕とは神職見習の事です。他の神職と同様に袴を穿いて奉仕を行っているので一般には神職として扱われていますが、神社内では神職になる前段階であるとされています。

お社によって期間は異なりますが、勤め始めてだいたい1年目から3年目の新人が出仕という立場にあり白色の袴を穿いて奉仕を行っています。

 

ここまで聞いて気づいたかたもいらっしゃかもしれませんが、神社というのはピラミッド型の組織ではなく、宮司や禰宜等を1人ずつ置き、権禰宜の部分が膨れた形の組織になることが多いです。

 

たむ
以上が宮司と神職の違いです。神職は資格を取得すれば誰でもなれますが、宮司には誰もが慣れるわけではないということを理解していただけましたか?

関連記事

-豆知識
-

Copyright© 神社のハナシ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.