神社

東京大神宮 ご利益・ご祭神・駐車場は?周辺の観光地・門前町や由緒・見どころも

 

御祭神

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 伊勢神宮の内宮の御祭神。日本国民の総氏神
豊受大神(とようけのおおかみ) 伊勢神宮の外宮の御祭神。農業、諸産業、衣食住の神
相殿神
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 古事記では一番最初に生まれた神とされる
高御産巣日神(たかみむすびのかみ) 古事記では2番目に生まれた神とされる。高天原(天上の世界の最高指導者)
神産巣日神(かみむすびのかみ) 古事記では3番目に生まれた神とされる。
倭比賣命(やまとひめのみこと) 天照大御神の神託を受け、伊勢の地に内宮を創建した。

 

詳しく知りたい場合は以下のボタンから「”超”現代語訳 古事記」に進むことをお勧めします。

”超”現代語訳 古事記

 

御利益

縁結び(大正天皇の神前結婚式が行われたから)

夫婦円満・家内安全(大正天皇の神前結婚式が行われたから)

 

御由緒

江戸時代以降、人々は人生に1度は伊勢神宮に参拝したいと考えていたことから、明治13年、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として創建。

当初は日比谷に鎮座していたため、「日比谷大神宮」と称されていた。
現在地に移ったのは関東大震災後の昭和3年であり、「飯田橋大神宮」と呼ばれた。

現在の社名である「東京大神宮」としたのは戦後のこと。

神前結婚式は東京大神宮が創始したもので、始まりは明治33年の皇太子殿下(後の大正天皇)と九条節子さま(後の貞明皇后)のご結婚の礼であった。
その後、一般に向けた神前結婚式を創始し、普及にも力を注いだ。

スポンサーリンク

 

見どころ

「東京のお伊勢さま」という愛称で親しまれる「東京五社」のうちの一つ。

多くの種類のおみくじが用意されており、お花の香りがする縁結びみくじや、着物や表情、髪飾りがそれぞれ違う恋みくじなどがあり、楽しめる。

また、季節や神事に合わせた行事が行われる。
(初詣、節分の豆まき、4月17日の例祭、七夕祈願祭など)

 

門前町・駐車場の有無

門前町

都心なので周りは栄えている。

 

駐車場 無

 

近くの観光地

靖国神社

うなぎ川勢

小石川後楽園

東京ドームシティ

神楽坂

 

アクセス

東京都千代田区富士見2-4-1
TEL:03-3262-3566

 

様々な方法から簡単に行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」はこちら

地域から!ご祭神から!ご利益から!行きたい神社が見つかる「全国神社図鑑」

スポンサーリンク

いくつかの質問に答えてあなたにピッタリの神社をオススメする「神社チェッカー」はこちら

あなたにピッタリの神社をオススメ!!! 「神社チェッカー」

関連記事

-神社

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.