豆知識

【神主が教える】五大神勅とは?日本書紀を引用してわかりやすく解説!!

天孫降臨の際に天照大御神あまてらすおおみかみ高皇産霊神たかみむすびのかみは神勅(命令)を下したとされています。

 

日本書紀の現代語訳でいうとvol.3あたりだワン!!

 

三代神勅とか五大神勅は難しいテーマではあるけれど今からできるだけ噛み砕いて説明するね!!!

スポンサーリンク

PC

神勅とは

天孫降臨の際に、高皇産霊神または天照大御神が与えた命令のことを「神勅」と言います。

神勅は日本書紀に記述されています。(一部は古事記にも記述があります)

 

神勅は三大神勅と五大神勅に分けることができるよ

 

五代神勅(三大神勅)とは

天壌無窮の神勅

葦原千五百秋瑞穂の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫、就でまして治らせ。行矣。宝祚の隆えまさむこと、当に天壌と窮り無けむ

 

現代語訳:葦原千五百秋瑞穂の国(この世界)は私の子孫が治めるべき地です。行って治めなさい。天地共に永遠に栄えることとなるでしょう

これは天照大御神が天孫降臨の際に瓊瓊杵尊に下した神勅です。

 

 

宝鏡奉斎の神勅(同床共殿の神勅)

吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。与に床を同くし殿を共にして、斎の鏡となすべし。

 

現代語訳:我が子よ、この鏡を見るとき、当然私を見るのと同じように見るべきだ。床を共にし、同じ殿にいて神聖な鏡としなさい。

これは天照大御神が、瓊瓊杵尊の派遣が決まる前に、候補とされていた天忍穂耳尊に下した神勅です。

三種の神器のうちの1つ八咫鏡を天照大御神の御神体として祀り、宮中で保管しなさいということです。

第10代崇神天皇の御代に、床を共にすることは恐れ多いことであるとして、宮中には形代(レプリカ)を置き、本体は伊勢神宮に移されました。

 

 

斎庭の稲穂の神勅

吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし。

 

現代語訳:天照大御神がつくる天上の田の稲穂を天忍穂耳尊に授けよう

これは天照大御神瓊瓊杵尊の派遣が決まる前に、候補とされていた天忍穂耳尊に下した神勅です。

”超”現代語訳 日本書紀 vol.1」では月夜見尊が斬った保食神の体から穀物が生じ、天照大御神がこれを持ち帰ったという話を紹介しました。

この稲穂を天忍穂耳尊に持たせ地上に向かうように指示したのが斎庭の稲穂の神勅です。

 

 

ここまでを三大神勅と言うよ!!

スポンサーリンク

PC

侍殿防護の神勅

願はくは、爾二神、また同じく殿の内に侍ひて、善く防ぎ護ることをなせ。

 

現代語訳:天児屋命,太玉命よ、同じ殿で瓊瓊杵尊を守ってください

これは天照大御神が瓊瓊杵尊に同行する高皇産霊神の息子 天児屋命アメノコヤネノミコト太玉命フトタマノミコトに下した神勅です。

 

 

神籬磐境の神勅

吾は則ち天津神籬及天津磐境を起樹てて、当に吾孫の御為に齋ひ奉らむ。汝、天児屋命・太玉命、宜しく天津神籬を持ちて、葦原中国に降りて、また吾孫の御為に齋ひ奉れ。

 

現代語訳:私は天上の世界で瓊瓊杵尊のためにお祀り申し上げます。あなたは葦原の中つ国に降りて瓊瓊杵尊にお仕えしなさい。

これは高皇産霊神が自らの息子である天児屋命アメノコヤネノミコト太玉命フトタマノミコトに下した命令です。

「吾孫の御為に齋ひ奉れ」というのは祭祀を司れということです。

瓊瓊杵尊とその子孫のために祭祀を行えということで、この国の平和を願う天皇のために祭祀を行えと解釈できます。

 

三大神勅にこの二つを合わせて五大神勅と言うよ!!

スポンサーリンク

PC

PC

ブログ村

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.