豆知識

【神主が教える】祈年祭とは 祈年祭の起源や新嘗祭との違いを解説

たむ
2月17日には祈年祭が執り行われるよ。

稲作と共にある日本の祭祀は祈年祭に始まり新嘗祭に終わると言っても過言ではありません。

たむ
今回は祈年祭について説明していくよ!

スポンサーリンク

祈年祭とは

祈年祭は「きねんさい」や「としごいのまつり」と読まれ、その年の穀物に対する災いを防ぐとともに豊穣や平安を祈ることを主な目的とするもので、朝廷から祈年祭を執り行う全国の神社に幣帛が奉られていました。

日本という国は古代から稲作と共にある国であり、全国の神社行事や宮中行事にはたくさんの稲作に関する儀式があります。

11月に行われる新嘗祭は収穫感謝の祭りであることから稲作に関するものであるということが分かりますが、祈年祭も同様に耕作初めの時期に行われる豊穣を祈る祭りとされ稲作に関するものであり祈年祭は新嘗祭と対の関係にある祭りであると言えます。

 

たむ
祈年祭は常に稲作と共にある日本という国において重要な儀式なんだね!

実際に祈年祭は伊勢の神宮をはじめ全国の神社の他、宮中で祭祀が行われます。

神宮では2月17日に執り行われ、23日までにすべての別宮・摂末社で執り行われます。これに際し、天皇陛下は宮中から勅使を派遣なさり、天皇陛下自身は宮中三殿に出御されます。その後、皇太子殿下の御拝礼があります。

祈年祭の歴史

祈年祭は豊穣を祈る儀式であることから、大陸から稲作が伝来して以降行われるたいへん歴史の長いものであると考えられています。

養老4年(720年)に編纂された日本書紀によると天武天皇の御代に行われたとされており、これが宮中祭祀として祈年祭が行われていたことが分かる最初の記述です。続く天武・持統天皇の御代には律令国家祭祀として整備され大宝令の制定を経て徐々に幣帛を奉る神社を拡大していきました。

また正史上の記述では慶雲3年(706)に甲斐・信濃・越中・但馬・土佐の国の神社に幣帛が奉られたとされています。

さらに古語拾遺には御歳神に白猪・白馬・白鶏を奉るという記述があり、御歳神の祟りによって起こる稲作への災害が鎮めるために白い動物が奉ることで豊穣が訪れたとする風習もあったそうです。

 

たむ
では祈年祭の時期にはどのようなことが行われていたか見ていきましょう

毎年2月、神祇官(祭祀を司る役所)に多くの官人や全国の神社の祝部はふりべを集め、中臣氏が祝詞を読んだ後、祝部への幣帛を頒布していったとされています。祝部とは各地の神社に奉仕する現代でいう神職のことで神祇官の組織の中に組み込まれていました。

祈年祭で幣帛を奉る対象は宮中で祀られる八神の他、神宮に鎮まる天照大神や大和国の神をはじめとする『延喜式』に記された全国3132座の神々です。

 

古来は神宮をはじめ各神社の祭祀であり、また天皇による勅使の派遣も途絶えていましたが、明治2年(1869)には神宮への勅使派遣が再興され、明治天皇は紫宸殿から遙拝しました。

また宮中でも各神社に倣い、明治5年(1872年)2月4日に皇霊殿で、17日に神殿と賢所で祭祀が行われるようになりましたが、大正3年(1914年)になるとこれらは2月17日に統一され今日まで続いています。

 

関連記事

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.