豆知識

【神社関係者が教える】愛媛玉串料訴訟「津地鎮祭訴訟との比較」 

たむ
前回は津地鎮祭訴訟についてのお話でしたね!
こま君
津地鎮祭訴訟では市が地鎮祭を行ったことは憲法に反しないというお話だったワン
たむ
今回は津地鎮祭訴訟とよく比較される愛媛玉ぐし料訴訟(H9.4.2最高裁判決)について神社に仕える者であり、法律系の国家資格に合格している私が解説していきます。

 

【事件の概要】

愛媛県が靖国神社と愛媛護国神社に玉串料として公金を支出したことが憲法20条3項及び89条に違反するとして、県知事らを相手取って住民訴訟を起こした。

 

【争点】

①玉串料の支出は憲法20条3項に反するか

②玉串料の支出は憲法89条に反するか

 

【判旨の要約】

①について

玉串料は祭事において神前に供されるものであり、これを県が支出することは特定の宗教と関わり合いを持ったことに他ならない。

土地の平安、工事の安全を祈願す地鎮祭及び起工式のように宗教的な意義が希薄化(津地鎮祭訴訟を参照)し、慣習化した社会儀礼に過ぎないものになっているととらえることはできず、玉串料を奉納することは大なり小なり宗教的な意義を有する

また、県が玉串料を支出することは特定の宗教団体への関心を呼び起こすことにつながる

 

したがって、玉串料及び供物料の奉納は憲法20条3項に反する

 

②について

靖国神社と護国神社は憲法89条にいう宗教上の組織または団体に属することは明らかであり、県の公金支出は我が国の社会的・文化的諸条件に照らして相当とされる範囲を超えるものと解される。

←社会的・文化的諸条件に当てはめて判断することが重要

 

したがって、玉串料の奉納は憲法89条に反する

 

以上の理由から県が靖国神社と愛媛護国神社に玉串料として公金を支出することは違憲

法と神社の用語解説

靖国神社・護国神社

靖国神社とは国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊みたまを慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的として明治初期に創建された神社。戊辰戦争や西南戦争などの国内での争いで亡くなった方々を祀り、その後の日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満洲事変・支那事変・大東亜戦争などの国外戦争で亡くなった方々を合わせて祀っている。

護国神社は全国各地にある国家のために命をささげた方々を祀る神社で、その都道府県や地域にゆかりのある人物を祀っている。

靖国神社と護国神社は本社と分社の関係にあると思われがちだがそうではない。

 

玉串料

玉串とは榊に紙垂と呼ばれる特別な折り方や切り方をした紙をつけたものをいい魚や米などの神饌と同様に神にお供えするもの。現代では転じて神社での祭事に際して奉納する金銭をいう。

 

憲法20条

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

②何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

③国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 

憲法89条

「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」

 

住民訴訟

地方公共団体の住民が監査委員に対して違法もしくは不当と思われる財務会計上の行為について請求を行ったにもかかわらず監査委員が必要な措置を行わなかった場合に起こすことができる訴訟。

 

神社関係者の私見・解説

愛媛玉ぐし料訴訟では玉串料を奉納する行為は「慣習化した社会儀礼に過ぎないもの」とは言えないとして、目的効果基準を踏襲したうえで県の公金支出は違憲であるとしました。

この判決とよく比較されるのが津地鎮祭訴訟です。

津地鎮祭訴訟では

「地鎮祭は土地の平安・工事の安全を祈る世俗的なものと認められ、宗教に対する援助・助長・促進又は圧迫・干渉等になる行為とも言えないことから地鎮祭を地方公共団体が行うことは憲法20条3項で禁止される宗教的活動とは認められない。」

として地鎮祭への公金支出は憲法に反しないとしました。

 

同じ神社が関わる訴訟でも結果が異なるのです。

結果を分けたのは世俗的かそうでないかという基準です。

つまり、地鎮祭は世俗的で玉串料は世俗的でないということです。

言い換えると、地鎮祭は一般的であるが玉串料の奉納は一般的でないということです。

 

実際にこの感覚は私にもあります。神社に仕える身としては国や地方自治体が地鎮祭と玉串料の奉納どちらをおこなっていても別にいいじゃんと言いたいのですが、政教分離原則を踏まえて考えると「確かに地鎮祭より玉串料の奉納の方が宗教的意味が強いかな」と思います。

地鎮祭とは工事を行う際に土地神への工事の報告、工事の安全と土地の平安を祈願するもので、家を建てたり会社を建てたりというときにほとんどの人が行うものです。一方、玉串料の奉納について近年では厄年の厄除祈願等身近なものですら行わない人が増えていることを考慮すると地鎮祭に比べると一般的とは言えないのかなとも思います。多額の費用のかかる建物の建築に際して行う地鎮祭と日々の祈願ではかける思いが大きく違うのかもしれませんね。

 

 

 

関連記事

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.