豆知識

天皇の仕事はなに?【宮中祭祀一覧】

宮中祭祀一覧

1月1日 四方拝 神嘉殿の南庭
歳旦祭 宮中三殿
1月3日 大祭 元始祭 宮中三殿
1月4日 奏事始 宮殿
1月7日 小祭 昭和天皇祭(先帝祭) 武蔵野陵・皇霊殿
2月17日 小祭 祈年祭 宮中三殿
2月23日 小祭 天長祭 宮中三殿
春分の日 大祭 春季皇霊祭 皇霊殿
春分の日 大祭 春季神殿祭 神殿
4月3日 大祭 神武天皇祭 皇霊殿
皇霊殿御神楽 皇霊殿
6月30日 節折 宮殿
大祓 宮中三殿前庭
7月30日 小祭 明治天皇例祭 皇霊殿
秋分の日 大祭 秋季神殿祭 神殿
大祭 秋季皇霊祭 皇霊殿
10月17日 大祭 神嘗祭 神嘉殿・賢所
11月23日 大祭 新嘗祭 神嘉殿
12月中旬 小祭 賢所御神楽 賢所
12月25日 小祭 大正天皇例祭 皇霊殿
12月31日 節折 宮殿
大祓 宮中三殿前庭

スポンサーリンク

こちらも読まれています

 

四方拝

1月1日の早朝に天皇が宮中から四方を遙拝します。

 

この時に拝するのは

  • 皇大神宮・豊受大神宮
  • 天神地祇
  • 神武天皇陵・先帝三代の各山陵
  • 武蔵国一宮氷川神社
  • 賀茂別雷神社
  • 賀茂御祖神社
  • 石清水八幡宮
  • 熱田神宮
  • 鹿島神宮
  • 香取神宮

 

歳旦祭

四方拝と同時に掌典職しょうてんしょく(宮中祭祀を担当する部門 ※宮内庁に属する組織ではない)が主宰し、四方拝を済ませた天皇と、皇太子がが拝礼する。

 

元始祭

1月3日に天皇が宮中三殿において天皇陛下が主宰するもので、

皇位の由来を祝い、国家国民の繁栄を祈る

 

奏事始

掌典職しょうてんしょくが祭事について天皇陛下に報告する

 

昭和天皇祭

先帝を偲ぶために行われる祭儀。

 

孝明天皇例祭

孝明天皇を偲ぶために行われる祭儀。

先帝以前3代まで行われる。

 

祈年祭

宮中三殿において行われる五穀豊穣を祈る祭祀。

 

天長祭

天皇陛下の誕生を祝い、宮中三殿で行われる祭典。

この日は天皇誕生日として国民の休日とされる。

1代前は12月23日でした。

 

春季皇霊祭

春分の日に皇室の先祖を祀る祭儀。

かつては彼岸に行われていたが、1878年以降は春と秋の2回に分けて皇族の命日を奉る。

 

春季神殿祭

春分の日に行われる神恩感謝の祭儀。

 

神武天皇祭

初代神武天皇の崩御の日に行われる祭儀。

 

皇霊殿御神楽

神武天皇祭が行われる夜に神楽を奉納して神霊を鎮める祭儀

 

節折

天皇陛下,皇后,皇太子などのために行う祓の儀式。

 

大祓

皇族の他、国民のために行われる祓の儀式。

6月30日に行うものを各神社では一般的に夏越の大祓という。

スポンサーリンク

明治天皇例祭

明治天皇を偲ぶために行われる祭儀。

先帝以前3代まで行われる。

 

秋季皇霊祭

春分の日に皇室の先祖を祀る祭儀。

かつては彼岸に行われていたが、1878年以降は春と秋の2回に分けて皇族の命日を奉る。

 

秋季神殿祭

春分の日に行われる神恩感謝の祭儀。

 

神嘗祭

その年に収穫された新穀を天照大御神に捧げる神恩感謝の祭儀。

 

新嘗祭

天皇陛下がその年に収穫された新穀をお供えし、また自身も召し上がる祭儀。

 

賢所御神楽

賢所で御神楽を奏上し、神霊を鎮める祭儀

 

大正天皇例祭

大正天皇を偲ぶために行われる祭儀。

先帝以前3代まで行われる。

 

節折

天皇陛下,皇后,皇太子などのために行う祓の儀式。

 

大祓

皇族の他、国民のために行われる祓の儀式。

12月31日に行うものを各神社では一般的に年越の大祓という。

スポンサーリンク

関連記事

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.