豆知識

【神官とは】明治時代に神社で奉仕した神官について現代の神主との違いや仕事・歴史を解説

神社で白衣袴姿で奉仕をしていると様々な呼び方をされます。

一番よくあるのは「神主さん」という呼び方で、神社で神様に仕える職業の人呼び方としては最も一般的でしょう。ただ、なかには異なる呼び方をする方々もたくさんいらっしゃって、単に誤って変わった呼び方をする方、歴史的な経緯を尊重して変わった呼び方をする方など様々です。

今回は神職の呼び方についてよくあるものを紹介し、加えて明治時代における神職(神官)の呼び方の経緯について紹介します。

スポンサーリンク

神社で働く人の職業の呼び方は神職・神主が正しい

よく神社で用いられる呼び方をいくつか挙げてみます。

  • 神職さん
  • 神主さん
  • 禰宜さん
  • 宮司さん
  • 神官さん
  • 住職さん

大体この辺りの言葉を用いて呼ばれることが多いです。

この中には正しいものも間違っているものもありますので、一言ずつ加えることにします。

まず「神職さん」「神職さん」については正しい呼び方です。全国の神社を管轄している神社本庁の規定では神社で神明に奉仕する者の呼称は「神職」とされているため正式名称と考えられますが、神主という言葉も頻繁に用いられており正しい言葉だと思います。

つぎに「禰宜さん」「宮司さん」については神明に奉仕する者全体を指す言葉としては間違っています。こちらのページで詳しく説明していますが、宮司や禰宜という言葉は神職の職掌を表すものであり、職掌で呼びたい場合は個別の状況を判断して呼ばなければなりません。

「神官さん」という言葉についてはこの先に詳しく述べますので、最後の「住職さん」という言葉について述べます。「住職」という言葉はお寺を管理する人の職名ですので神社で用いるのは間違っています。ちなみに神社で「住職」に対応する言葉は宮司です。神社とお寺の違いがわかりにくいと考える人は多いため、月に一度くらいは間違って呼ばれます。

 

神官とは国家の官吏として国家の宗祀たる神社に奉仕する者

まず辞書的な意味から神官という語を説明すると「国家の官吏として神事に奉仕する者」と言えます。今でもよく神官さんという呼び方をされますが、この呼び方は神職の現在の在り方を考えるとふさわしくない呼び方で歴史的な経緯を踏まえた呼び方と言えるでしょう。

明治時代に於て神社は国家の宗祀と呼ばれており、国に関するマツリゴトを行う場所と考えられていました。つまり、神社は公の施設であったということです。

したがって、神社で神事に従事する者は公的な立場にあり、明治時代においては神社で神様に仕えるする者は神官だったということです。

明治時代になり神官が置かれてから廃止されるまでの詳しい経緯については次の段落で紹介します。

 

明治初期の太政官布告に基づいて神社に奉仕する全てが神官と呼ばれたが、20年代に一部は神職と改められる

先述のように明治時代になると神社は国家による管理を受けることになり、祭政一致の原則に基づいて神祇官を復興され明治4年には以下の太政官布告が出されます。

神社の儀は国家の宗祀にて一人一家の私有にすべきに非ざる...(中略)…伊勢両宮世襲の神官を始め天下大小の神官社家に至る迄精撰補任すべき

この太政官布告で大小拘わらず神社に奉仕するすべて者の呼称が神官とされ、併せてすべての神社の神官は行政によって選ばれるべきとの指針が示されました。実際、行政が直接的に神官の人事に関わることになったのは伊勢の神宮や官国幣社などの有力社に限られましたが、社家と呼ばれる古代から何十代にもわたってその神社に奉仕してきた者が職を失うこととなりました。

しかし、時代が進むにつれ国家が個別の神社との直接的な関わりを敬遠するような時期に入ります。詳しくはこちらのページで紹介していますのでご覧ください。

話を戻しますが、明治20年になると「官国幣社の神官を廃し、更に神職を置く」との閣令が出されたことで神職という呼称が用いられ始め、また明治27年の「府県社以下神社の神職に関する件」においては「府社県社及郷社に左の神職を置く…」とされたことで、当時から別格とされていた伊勢の神宮を除くすべての神社において神官という呼称は廃止され、神職という語が用いられるようになったのです。

伊勢神宮については皇室の祖先神を祀るということで格別の地位にあったことから明治時代においては一層重視される宮でしたので、国家としてカミマツリを執り行うために神官の地位が残されていましたが、終戦後のGHQによる国家と神道との関わりの禁止を定めた神道指令により神官としての地位は廃止され、一般の神社と同様に扱われることとなりました。

関連記事

-豆知識

Copyright© 神社のハナシ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.